東京コミコン2022

トピックス

2022.11.11

ハリウッド映画をはじめ数多くのヒット作にも出演する、EXILEのAKIRA氏がアンバサダーに就任!

株式会社東京コミックコンベンション(代表取締役社長:胸組 光明)は、2022年11月25日(金)~11月27日(日)までの3日間、幕張メッセ(千葉市美浜区)にて開催する「東京コミックコンベンション2022」(以下、「東京コミコン2022」)のアンバサダーを発表いたしました。

★東京コミコン2022のアンバサダーがついに決定!

ジェームズ・マカヴォイ氏をはじめ、ジェレミー・レナー氏、ヘイデン・クリステンセン氏、クリストファー・ロイド氏など13名もの豪華来日ゲストが勢揃いする東京コミコン2022!過去最大規模で開催される、今注目の東京コミコン2022のアンバサダーに、パフォーマーや俳優として活躍する、大人気ダンス&ボーカルグループEXILEのAKIRA氏が就任!東京コミコン2022開催期間中の11/25(金)と11/27(日)に参加し、アンバサダーとしてセレブを迎え入れ、そしてステージでの登壇も予定しています。
AKIRA氏は、EXILE TRIBEのリーダーとしてEXILE、EXILE TRIBEを牽引し、パフォーマーとしてだけでなく、数々の映画、ドラマ、舞台、声優など様々な分野でも活躍しています。2011年のNHK大河ドラマ「江〜姫たちの戦国〜」では豊臣秀勝役として出演し、大ヒットドラマ「GTO」(2012年)では主人公の鬼塚英吉役も務めています。さらに、2009年の映画『ちゃんと伝える』では日本映画批評家大賞新人賞を受賞。2010年にはアンドリュー・ラウ監督作品『レジェンド・オブ・フィスト 怒りの鉄拳』にてアジア映画デビューを果たし、2011年にはハリウッド映画監督ジョン・ウー監督作品レッドクリフを舞台化した『レッドクリフ -愛-』にて主演の周瑜を熱演。2017年にはマーティン・スコセッシ監督のハリウッド作品『沈黙‐サイレンス‐』にも出演するなど、世界でも活躍する実力派俳優です。近年では2019年1月には童謡100周年を記念して作られた映画『この道』で大森南朋と ダブル主演を果たす。更に今年の6月に公開された巨匠小泉監督の作品『峠 最後のサムライ』にも出演。

さらに、アンバサダーに就任されたAKIRAさんからコメントが到着!
「今年のテーマは、「CONNECT」〜新しいつながりの場〜ということで、コロナ禍で失われた皆様との距離や時間、様々な大切なものをもう一度取り戻すべく、映画事業、アニメ事業、イベント事業、そして我々が携わっている音楽事業など、エンタメ業界全体が復活の兆しを見せています。「東京コミコン」でも改めて完全復活をめざし、ご来場頂くお客様が心から楽しめる「夢の空間」をお届けしていきたいと言う皆様の熱い想いと共に、微力ながらではございますが、自分のフィルターを通して多くの方々に「東京コミコン」の素晴らしさと楽しさをお届けしていけたらと思います!多様な文化のクロスオーバーが実現し、新しい発見が生まれていく今年の東京コミコンを楽しみにしております‼︎」

豪華来日ゲストに加えて豪華アンバサダーも参戦し、今年も益々の盛り上がりをみせる東京コミコン2022に是非ご注目ください!

AKIRA氏 プロフィール

EXILE TRIBEのリーダーとしてEXILE、EXILE TRIBEを牽引。パフォーマーとしての活動に加え、数々の映画、ドラマ、舞台、声優など様々な分野で活躍。2011年のNHK大河ドラマ「江〜姫たちの戦国〜」では豊臣秀勝役として出演し、大ヒットドラマ「GTO」(2012年)では主人公の鬼塚英吉役も務める。2009年の映画『ちゃんと伝える』では日本映画批評家大賞新人賞を受賞。2010年中国公開のアンドリュー・ラウ監督作品『レジェンド・オブ・フィスト 怒りの鉄拳』にてアジア映画デビュー。2011年にはハリウッド映画監督ジョン・ウー監督作品レッドクリフを舞台化した『レッドクリフ -愛-』にて主演の周瑜を熱演。2017年にはマーティン・スコセッシ監督のハリウッド作品『沈黙‐サイレンス‐』に出演、2019年1月には童謡100周年を記念して作られた映画『この道』で大森南朋とダブル主演を果たす。更に今年の6月に公開された巨匠小泉監督の作品『峠 最後のサムライ』にも出演。

また、アーティスト、役者として活躍するなか、2017年からはアジア人初となるRalph Laurenアンバサダーに就任し、2018年と2019年の2年連続で最高峰ラインPurple Labelの広告イメージモデル契約を結ぶ。そして、2019年の秋冬シーズンのキャンペーンにおいては、ついにブランドのメインとなり、グローバルモデル、アンバサダーとして世界の顔となった。世界で初めてアジア人の俳優・アーティストがラルフローレンというブランドを代表し、背負う事は歴史的快挙であると報じられた。2020年には、Ralph Lauren Purple Labelの創立25周年を記念した「パープル レーベル オードトワレ」のグローバルモデル、アンバサダーにも就任。

現在は、ミス・パリ・グループが運営する男のエステ「ダンディハウス」の新ブランドキャラクターや、台湾の百貨店「新光三越」のキャンペーンイメージキャラクター、またスイスの高級腕時計ブランド「HUBLOT」台湾の PR アンバサダーにも就任しており、ワールドワイドに活躍の場を広げている。

PAGETOP