2019.11.01【東京コミコン2019】来日ゲスト第6弾!ジュード・ロウ氏 来日決定!!

  • news

東京コミックコンベンション(代表取締役社長:胸組 光明)は、2019年11月22日(金)~11月24日(日)までの3日間、幕張メッセ(千葉市美浜区)にて開催される「東京コミコン2019」の来日ゲスト第6弾として、ジュード・ロウ氏とイアン・サマーホルダー氏の来日が決定したことを発表いたしました。
期間中すべての日程で来場し、当日は会場において写真撮影会およびサイン会等も予定されています。

 

ジュード・ロウ氏はイギリス出身の俳優で、1999年公開の『リプリー』でアカデミー賞にノミネートされ一躍有名となりました。
その後、世界的大ヒット映画『シャーロック・ホームズ』シリーズで、ロバート・ダウニーJr.演じるシャーロック・ホームズの助手で友人のジョン・ワトスン医師役で大ブレイク。シリーズの続編公開が決定した今、再び世界からの注目を集めています。
近年では、あの『ハリー・ポッター』シリーズの最新作『ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生』で若かりし頃のアルバス・ダンブルドア役を演じ、更に今年公開された『キャプテン・マーベル』では、ブリー・ラーソン演じる主人公ヴァース(キャプテン・マーベル)が所属している、特殊部隊スターフォースのリーダー、ヨン・ロッグ役で出演しています。
その他にもSF映画の『ガタカ』や第二次世界大戦を舞台とした『スターリングラード』にも出演しており、数多くの作品で活躍しています。
また、映画だけでなく舞台へも活躍の幅を広げており、シェイクスピア劇『ハムレット』等でブロードウェイの舞台を踏んだこともある実力派俳優です。
東京コミコンへは初めての参加となりますが、過去に来日した際にも数多くのファンが駆けつけるなど、日本国内でも非常に人気の高いジュード・ロウ氏です。

 

そして今回もう一人、『ヴァンパイア・ダイアリーズ』に出演する大人気俳優、イアン・サマーホルダー氏の来日も決定いたしました。
イアン・サマーホルダー氏はアメリカの俳優で、『ヴァンパイア・ダイアリーズ』や『LOST』などの大ヒットドラマで活躍している実力派俳優です。
東京コミコンへの参加は今回が初めてとなります。

PICK UP CONTENTS