2019.10.26【東京コミコン2019】来日ゲスト第3弾!マーク・ラファロ氏 来日決定!!

  • news

東京コミックコンベンション(代表取締役社長:胸組 光明)は、2019年11月22日(金)~11月24日(日)までの3日間、幕張メッセ(千葉市美浜区)にて開催される「東京コミコン2019」のゲストの第3弾として、マーク・ラファロ氏の来日が決定したことを発表いたしました。
23日(土)、24日(日)の2日間来場し、当日は会場において写真撮影会およびサイン会等も予定されています。

 

マーク・ラファロ氏はアメリカの俳優で、2012年公開の世界的超大ヒット映画『アベンジャーズ』にて、ハルク/ブルース・バナー役を務めたことにより大ブレイク。
一躍トップスターの仲間入りを果たしました。
その後も『アベンジャーズ』シリーズにてハルク/ブルース・バナー役を演じ、シリーズの一区切りとなった今年公開の『アベンジャーズ/エンドゲーム』は全世界で爆発的大ヒット作品となり、あの『タイタニック』『アバター』をおさえて、歴代興行収入No.1の座に輝きました。
今後のシリーズでもマーク・ラファロ氏によるハルク/ブルース・バナー役の続投を熱望する声が上がっており、その動向は現在も世界中から注目を集めています。
2016年には、アカデミー賞作品賞を受賞した『スポット・ライト 世紀のスクープ』に出演し、同作でアカデミー賞助演男優賞にもノミネートされました。
そして大ヒット映画『グランド・イリュージョン』シリーズでは、FBI捜査官のディラン・ローズ役で出演しており、物語のカギを握る重要人物の一人として、個性的なキャラクターを演じています。
その他にもサスペンス映画の『コラテラル』やミステリー小説原作映画『シャッター アイランド』など、幅広いジャンルの映画に出演している演技派俳優です。

PICK UP CONTENTS