生賴範義の代表作原画 展示決定!

我が国最高のイラストレーター・世界の「OHRAI」

tcc_3
「The 30th Anniversary of Godzilla」(徳間書店)
描き下ろしポスター 1983年 TM&©TOHO.CO.,LTD.

『GODZILLA』や『日本沈没』などの映画ポスターを描いたイラストレーター、生賴範義氏の原画が展示されることが決定しました。映画ポスター以外にも、表紙画や新聞・雑誌イラストまで数々の名作を生み出し、生賴氏の作品は国内外問わず世界中で、たくさんのファンの心を掴み続けています。

今回の展示は、みやざきアートセンター(宮崎県宮崎市)にて2016年12月3日(土)より開催される展覧会「生賴範義展Ⅲ THE LAST ODYSSEY」を記念したものであり、生賴氏の代表作原画20点以上が特別に展示公開されます。さらに、2018年新春に開催予定の大回顧展にも先駆けた大変貴重な機会となっています。


%e7%89%99%e3%81%ae%e6%99%82%e4%bb%a3_%e5%8a%a0%e5%b7%a5
「牙の時代」小松左京 KADOKAWA  1975年5月  ©KADOKAWA

tcc_5
「スター・ウォーズ帝国の逆襲」ポスター画下絵 1980年 Star Wars ©TM Lucas film Ltd.LLC

tcc_1
「マッドマックス2」ピンナップ 1981年 ©1982 Warner Bros. Entertainment Inc.

tcc_2
「SFアドベンチャー」(徳間書店) 1984年9月号表紙<パウリナ> © Noriyoshi Ohrai


生賴範義(おおらいのりよし)
1935年兵庫県明石市生まれ。東京藝術大学を中退後、1962年よりイラストレーターとして活動を開始。
小松左京、平井和正らの表紙画をはじめ、『日本沈没』、『スター・ウォーズ/帝国の逆襲』などの映画ポスターや新聞・雑誌イラスト等、その精力的な活動は多岐に渡り、作品数は膨大な点数に及ぶ。
その日本人離れした緻密な画力とダイナミックな構成力は、国内のみならず世界中に多くのファンをつかみ、「Ohrai」の名は世界レベルである。2015年10月27日、79歳没。

「生賴範義Ⅲ THE LAST ODYSSEY」特設サイト: http://ohrai.net/